正在加載......
X
 
會員帳號 :
會員密碼 :
忘記密碼    加入會員

請福梅酒★飲酒過量,有礙健康 禁止酒駕★

首頁 > 品牌介紹 > 請福梅酒★飲酒過量,有礙健康 禁止酒駕★
★飲酒過量,有礙健康 禁止酒駕★

請福酒造の歴史

漢那憲副が農業や運送業を営むかたわら酒造免許を取得し創業した。当初は麹職人への支払
いがままならず、鹿児島の焼酎メーカーからノウハウを習得するなどの苦労があった。
1949年 漢那酒屋 石垣市新川(現在地)において酒造りを始める
1952年 八重山で初めて計り売り販売から、レッテル(カラーラベル)を貼った瓶詰め販売を始める
1966年 漢那酒造有限会社となる
1983年 泡盛業界初「減圧蒸留式泡盛」を発売 KDDの発案により異業種交流の商品「海の道」発売
1986年 漢那憲仁が代表取締役社長となる。沖縄で最初の泡盛博物館「請福酒造泡盛博物館」オープン
1992年 請福酒造有限会社に社名変更
1994年 請福「古酒」沖縄県知事賞受賞
1999年 岩手県産米「かけはし」を使用して造った純情泡盛「南雪」を岩手限定で販売
2000年 八重山産米「ひとめぼれ」を原料として造った「やいま」発売
2001年 請福酒造独自の直火釜蒸留器を開発 看板商品「請福」をボイラー蒸留機から請福独自
           の直火釜蒸留器での製法に切り替え「直火請福」 としてリニューアル発売
2002年 業界初完全無濾過泡盛「ひとときのちゅら〜一瞬の美味〜」を発表
2004年 古酒表示厳格化に伴い「請福VINTAGE」を発売
2005年 春季全国酒類コンクール泡盛部門で「直火請福」2位受賞
2006年 泡盛博物館内に古式手造り泡盛漢那蒸留所オープン 完全無濾過シー汁浸漬の「泡盛漢
           那蒸留所サキタリヤーおかみのごちそう泡盛」発売
2010年2月11日 美少女キャラクターを採用した泡盛「萌える泡盛琉Q銘酒あわもえ」が発売。

 

★飲酒過量,有礙健康 禁止酒駕★

琉球的傳統直火蒸餾法

「直火蒸餾」原本就是一個非常樸實的製作方法。但現在在沖繩本島仍沿襲自古以來傳統的直火蒸餾法製酒的泡盛酒製造工廠幾乎已經都消失了。將酒的原料「米麴」放入鍋中,直接用火炒,為了不讓米麴焦掉所以要在鍋中不斷反覆翻攪,之後並經過長時間蒸餾。「チンタラ 」這個單字的由來就是因為製酒時蒸餾時間非常長以及耗時而來的。鍋裡煮沸完全熟透後再經歷冗長的蒸餾過程,最後才有滴滴得來不易的酒流出來。當然直火蒸餾的方法並不能用來決定酒精精緻化的效率。比起其他多餘的味道及雜味的成份,泡盛酒更多了一份複雜奧秘的口感,值得細細品味。

保留原始的美味

為了確保蒸餾後的品質,現在的泡盛酒有一半以上,都利用冷凍過濾把油脂的成份完全去除。但是經過過濾會使泡盛酒原來的美味消失殆盡。請福酒造特地把過濾的步驟輕輕帶過,就是為了保留住泡盛酒的原始醇厚奧秘的美味。

 ★飲酒過量,有礙健康 禁止酒駕★

用傳統導入現代

石垣島、八重山當地最具人氣的泡盛酒-「請福泡盛」。這個傳統直火蒸餾器具由目前第2 代的製酒達人漢那憲仁獨自改良,原創設計出目前所使用蒸餾器具。延續傳統的製酒方法並不斷地進步創新且融入現代的做法。 
  

直火請福

採用直火蒸餾法製造創業80年來,一直是沖繩石垣島的人氣泡盛酒滑順容易入口,深刻濃郁的絕品 

泡盛小故事

泡盛起源於琉球王朝時代,至今已有600年以上得悠久歷史,在當時是琉球王朝最引以為傲的特色酒品。當時有保存許多陳年古酒,作為名門的傳家之寶來款待貴賓。泡盛為沖繩最古老獨特的蒸餾酒,因為在蒸餾過程中產生非常多氣泡,而有泡盛之名。
沖繩人承襲琉球王朝流傳下來的技術,確保古酒的熟成香氣與酒質不變。泡盛用陶器、酒瓶等儲藏方式,經過三年以上熟成後的泡盛酒,則被稱為「古酒」。隨時間的存放,其酒質更顯醇豐扎實,香氣濃郁。因此泡盛更加成為收藏與送禮的首選。
 
★未滿十八歲禁止飲酒,短時間內大量灌酒會使人立即喪命★

gotop